ネキシウムの効果について

エソメプラゾールを成分とするネキシウムはプロトンポンプ阻害剤に分類される胃潰瘍などの治療に用いられる医薬品です。ネキシウムの効果は胃に存在しているプロトンポンプと呼ばれる胃酸の分泌を行うタンパク質の機能を阻害することによって胃酸の分泌を抑制することであると知られています。プロトンポンプに対して刺激が加わることによって胃酸の分泌が促されるようになり、その刺激としてアセチルコリンやヒスタミン、ガストリンといったものが知られています。こういった内因性物質の刺激を阻害することによって胃酸の分泌を抑制する医薬品もありますが、それに比べても胃酸分泌抑制の効果が高いのがネキシウムの効果の特徴です。これは、他の胃酸分泌抑制剤の場合にはたとえヒスタミンの作用を遮断することができたとしても、アセチルコリンやガストリンの刺激による胃酸分泌を抑制することはできないからであり、それによって胃酸が出てきてしまうことになります。身体にはフィードバック機構もあるため、胃の酸性度が低下してしまうことによって、これらの内因性物質を増やして胃の酸性度を高めようとする動きも生じて胃酸の分泌が起こってきてしまいます。しかし、ネキシウムの場合には胃酸の分泌を行っているタンパク質であるプロトンポンプに対して直接に阻害作用を示すことから、どの生体内物質による刺激があっても、そのフィードバック機構が動いたとしても胃酸の分泌を抑制することができます。こういったメカニズムによって高い胃酸分泌抑制効果を示すのがネキシウムの特徴であり、重症の胃潰瘍や十二指腸潰瘍などの治療においてもよく用いられる治療薬としての地位を獲得してきています。

ネキシウムの副作用はあるのか

ネキシウムはプロトンポンプ阻害剤として知られる強力な胃酸分泌抑制効果がある医薬品としてよく知られるようになってきました。胃潰瘍や十二指腸潰瘍、逆流性食道炎といった疾患に対して確かな効果を示すことが明らかになっていることに加えて、患者の自覚症状の改善にも大きな効果があることからよく用いられる治療薬となっています。その高架の高さから普段から胃の痛みに悩まされている人が個人輸入をすることによって常備するということもしばしば見られるようになってきているのが現状であり、それほどの信頼を得られている医薬品として名を知らしめてきています。しかし、医師の指導によらずに使用する場合にはどうしても気になるのが副作用です。安全に使えるということは医薬品にとってt重要なことであり、どういった副作用が起こりうるのかは知っておくに越したことはない情報でしょう。ネキシウムはあまり副作用を起こさないことが知られていますが、頭痛やめまいといった症状や、下痢や便秘が生じてしまうということは比較的見られる副作用となっています。また、肝臓がもともとあまり良くない人の場合には血液検査によって肝臓の値が高くなってしまうことがしばしばあるとされています。一方、ネキシウム自体には副作用が少ないものの、飲み合わせが悪い医薬品は多く、肝臓で代謝される医薬品を用いている場合には注意をすることが欠かせません。それによって効果が減弱したり、併用している医薬品の効果を減弱させたりしてしまうことがあります。また、胃酸が減ることによってタンパク質の消化が悪くなってしまうことから長期服用は危険性があるということを理解しておくことが大切になります。

ネキシウムを服用する時の注意点

胃の不快感に悩まされるということは現代では多くなってきており、ストレスが原因で逆流性食道炎になってしまったり、胃潰瘍を起こしてしまったりする人も増える傾向があります。その治療に用いられる強力な医薬品として知られているのがネキシウムです。プロトンポンプ阻害剤に分類されるネキシウムは他の消化性潰瘍や逆流性食道炎についての治療薬に比べても高い胃酸分泌抑制効果があり、症状を軽減させる効果が高いことが知られている信頼性の高い治療薬です。しかし、ネキシウムを服用する際には注意しなければならない点がいくつかあります。まず第一にあげられるのが強力な効果ゆえのものであり、原則として8週間を越えて使用してはならないという点が挙げられます。ネキシウムは不可逆的にプロトンポンプを阻害することによって持続的に胃酸の分泌を抑制します。そのため、新しくプロトンポンプが身体の中で作られない限りは胃酸を新たに分泌させることができなくなってしまうことになるのです。そのため、長期にわたって使用を続けると胃の酸性度が低下しすぎてしまい、消化に影響が出てきてしまいやすくなるのです。また、胃の酸性度が低下することによって医薬品の吸収性に影響が出てきてしまうことが多いため、併用する薬がある場合には医師や薬剤師に相談してその心配がないかどうかを確認しておくことが大切になります。しかし、基本的にはネキシウムには副作用があまりなく、消化への影響が生じたことによる下痢や便秘が起こりやすいという程度となっています。ただし、肝臓の機能が低下してしまっている人の場合には肝臓の機能を悪化させる危険性があるので使用しないのが望ましいとされています。