げっぷにも効果がある第一三共のネキシウム

第一三共が製造しているネキシウムは、プロトンポンプ阻害薬であるため胃酸分泌を強力に抑制します。
一般的に、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、逆流性食道炎などの治療に用いられています。
また、非ステロイド性抗炎症薬による副作用で起こる可能性があり、胃潰瘍や十二指腸潰瘍の再発を抑制するのにも用いられます。

このネキシウムは、胃酸分泌を抑制する作用があるので、いつもげっぷが出ている人にも抑えられる効果があります。
げっぷという症状は、胃炎や胃潰瘍、逆流性食道炎のために起こりうるので、それらの治療に第一三共のネキシウムを用いることで、症状を改善してくれるようになります。

通常、大人の場合には、1回にネキシウム1カプセル20mgを1日1回服用します。
胃潰瘍、吻合部潰瘍では8週間まで、十二指腸潰瘍では6週間までの服用が目安とされています。
また、逆流性食道炎の場合には、一般的には、8週間までの服用となっています。

再発を繰り返す逆流性食道炎の方に対しては、維持していく療法になるため、1回10~20mgを1日1回服用します。

いずれの場合にも、指示された量を服用する必要があります。
げっぷの症状を早く治したいからと言って、いつもの倍の量を飲んだりすることは出来ません。
また、飲み忘れた場合には思い出した時になるべく早く飲みます。
次の服用時間になるまで忘れていた場合には、その分を足して飲むことは出来ないので注意をして下さい。

第一三共のネキシウムは、プロトポンプ阻害薬として国内で発売されている有効な治療が出来る薬として幅広く用いられるようになっています。

げっぷの症状がある場合には、他の疾患がある可能性が高いため、この薬がとても効果を発揮するため改善を目指せます。