ネキシウムのデメリットが気になるなら芍薬甘草湯

胃酸過多に悩んでいる人は少なくありません。
放置していれば、胃潰瘍や逆流性食道炎にもつながりかねません。
そもそも、胃酸は、人間が食べた物を消化し、胃腸に侵入するばい菌を退治するというのが任務なのです。
ただし、あまりに過度に胃酸が出ると、胃粘膜を傷つけてしまい、胃潰瘍や十二指腸潰瘍を引き起こす結果になるのです。
また、胃酸が喉のほうに逆流すると、逆流性食道炎になり、食道を荒らして、極度の胸やけに見舞われる恐れがあります。
そんな胃酸過多に有効な治療薬が、ネキシウムです。
消化性潰瘍用剤、あるいはプロトンポンプ阻害剤に分類されています。
ネキシウムは、酸分泌を抑制する効果を持った薬です。
胃酸の分泌をしっかりと抑え、胃酸によって身体の器官が害されることをブロックします。
ネキシウムの服用により、胃潰瘍や逆流性食道炎の症状も大きく和らぎます。
また、ネキシウムはピロリ菌の除菌にも使われています。
ネキシウムによって胃酸分泌が少なくなると、胃の中で抗生物質は確実に効果を発揮しますので、除菌に成功しやすいからです。
ネキシウムは、国内では4番目のプロトンポンプ阻害薬です。
胃酸の分泌を強力に阻止し、難治性の潰瘍にも秀逸な効果を発揮しますので、医療機関では、胃潰瘍や逆流性食道炎の治療の際に、第一選択されることが目立ってきました。
ただ、まれとはいえ、ネキシウムを服用すると、肝機能値に異常が出てきたり、頭痛やめまい、下痢の症状が発生することがあります。
こういったデメリットを回避するために、漢方の芍薬甘草湯が処方されることがあります。
芍薬甘草湯と安中散を併用するのです。
安中散が胃腸機能を改善し胃酸量を調節するのに合わせて、芍薬甘草湯は胃の筋肉の緊張をほぐし、胃の痛みを和らげるのです。