ネキシウムやピレンゼピンの英語での対応

ネキシウム、ピレンゼピンは胃腸に関する治療薬として幅広く用いられるものです。特にネキシウムは成分名エソメプラゾールと言い、プロトンポンプ阻害という働きによって胃酸の分泌を抑え、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、逆流性食道炎の治療薬として近年急速にその使用量を伸ばしている薬品です。ピレンゼピンは、ネキシウムと同じく胃腸に関する治療薬ですが、作用機序が異なり、ムスカリン受容体に拮抗することで胃酸分泌を抑え、胃潰瘍や十二指腸潰瘍を治療するという薬です。これらの胃腸関連の薬は、日本のみならず欧米でも広く用いられており、こういった分野の疾患の治療に欠かすことのできない存在となっています。近年、インターネットの発達などに伴ったグローバル化、あるいは訪日観光客などの増加によって外国人がこれらの薬を服用するケースも増えてきました。日本でこれらの薬を得る場合に、英語での対応は既に必須であると言っていいでしょう。英語での対応を行う場合にまず必要なこととして、成分名の英名表記、そしてその他にも1日1回、1日3回などの服用回数、1回1カプセル、1回1錠などの服用量、28日分、14日分といった処方日数などの英語表記が必要になります。その他服用上の注意点としてある程度の文章能力が必要になりますが、これらの補助としてインターネットやスマートフォンを活用した翻訳が使用されたり、あらかじめ用意した英文をまとめたホームページを利用するなども有効です。薬の使用に関しては、ある程度の知識が必要になりますので、不適切な使用によって効果が得られなかったり副作用が増えてしまったりすることのないよう、医師や薬剤師に相談するなどして正確な知識を付けるように心がけたいものです。