虫歯など歯の痛みが気になると、とりあえず歯医者に行こうとなる人がほとんどだと思いますが、一言に歯医者といってもその歯医者がすべてを解決するわけではありません。歯医者の中でも更に症状毎の専門家がいて、それを意識するだけで歯の悩みは想像よりずっとスムーズに治療することが可能です。そんな専門家についてやインプラントなどの新しい治療方法について見ていきましょう。

歯がない!それならインプラントか?

インプラントの模型

歯は、一本でも抜けてしまうと食事をするにも不便になってしまいますが、歯科クリニックでの治療を受けると失った歯を補ってくれて快適な食生活を過ごすことができます。
失った歯を補う方法としてはいくつかの種類があり、歯の残存率によっても治療方法が違ってきます。
残存率が高いとなると、ブリッジでも手軽に治療ができます。
歯根から歯を失ってしまったとなると、土台がないことから差し歯をすることはできませんが、ブリッジではその歯の両隣の歯を支えとして差し歯をすることになります。

また、残存率が低くなってしまうと総入れ歯を選択せざるを得なくなってしまいますが、歯科治療の歴史の中でも近年新しい治療方法としてインプラントという選択肢もできました。
インプラントは、人工歯根から作る歯科治療の方法であり、歯根があった場所にチタンなどの金属を人工歯根として骨に埋め込む手術から始まることになります。
骨が人工歯根を取り込んでしっかりと固定された後に、上から義歯と取り付けて完成させるという方法です。

インプラントは、骨に金属を埋め込ませるものの、完全に埋め込まずに半分は口の中に出すという高度な手術となるため、インプラント治療はとても大掛かりで場合によっては希望していても受けることができないケースもあります。
骨の状態にも左右されることになるので、たくさんのレントゲン撮影が行われたり、歯周病にかかっていないか、手術による出血で血が止まらないなどのトラブルがないかを調べるための血液検査も必要です。
しかし、これらの検査結果が芳しくないとしても、治療方法を変えることでもインプラントができる可能性が高まることがあります。

総入れ歯の人にとっては、全ての歯があった場所にインプラントを一つずつ入れるとなると、場所によっては骨が薄くて入れられない部分が出るということもあります。
しかし、オールオン4になるとたった4本だけのインプラントで上または下の歯をカバーすることができ、インプラントを入れる場所を選ぶことがないので、骨の状態をみながらいれることができてインプラント治療が受けやすくもなってきます。
他にも、即時荷重や早期荷重といった負担の軽い治療方法もあるので、食生活が不便になることなく治療を受けることができる方法もあります。

インプラントは、歯を失った時でも快適に過ごすことができる方法となりますが、それまでにはインプラント治療を受けることができるかどうかを調べるために多くの検査を行い、大がかりな手術も必要になります。
また、保険適用外であることから高額な費用も必要になってしまい、完成してからも定期的にメンテナンスを受け続けなければなりません。
インプラントにすると虫歯になることはないものの、歯周病にかかる可能性は残っています。
また歯根から歯を失ってしまうことにもならないように、歯科クリニックに通ってメンテナンスを受け続けることは欠かせません。

■インプラント治療を受けるならどこで受ければいい?とお悩みの方へ
京都でインプラント治療をすることをお勧めします。
治療設備や治療技術が整っています。