虫歯など歯の痛みが気になると、とりあえず歯医者に行こうとなる人がほとんどだと思いますが、一言に歯医者といってもその歯医者がすべてを解決するわけではありません。歯医者の中でも更に症状毎の専門家がいて、それを意識するだけで歯の悩みは想像よりずっとスムーズに治療することが可能です。そんな専門家についてやインプラントなどの新しい治療方法について見ていきましょう。

歯ぎしりや顎関節症は歯科医院で治る?

歯ぎしりは歯科医院で治療できそうなのはなんとなくイメージできますが、顎関節症はどうなのでしょうか?
顎関節症は突然、口が開きにくくなり無理に開こうとすれば激しい痛みが襲い、段々症状も悪化してきてやがてはおちょぼ口程度しか開かなくなります。
歯科医院は歯の治療や歯に関する事をメインとしていて歯ぎしりはその1つなので歯科でも良いですが、治療というよりマウスピースを購入したりして調整するようなイメージです。
もちろん、マウスピースも自身の歯の並びに合わせて調整してくれる為、きちんとした治療という項目には該当します。
顎関節症は歯科医院ではなく歯科と併設している口腔外科、つまりその診療科目でなければいけませんので、口腔外科が診療科目に含まれていない歯科医院では治療は難しいのが現状です。

しかし、アドバイス的なものはしてもらえますので近くになければとりあえず歯科医院を訪れてみるのも良いでしょう。
腕のいい歯医者のいる歯科医院を探すなら大阪の淀屋橋や北浜の歯科医院を訪ねてみましょう。
必ず答えが見つかるアドバイスを貰えるでしょう。
顎関節症の原因は、歯ぎしりや噛み締め、頬杖をよくつく、堅い物をよく食べるなどの奥歯と顎にかなり負担のある事を重ねてきた結果、症状として徐々に出てきます。
気づいた時には口が少し開きづらい、開けようとすると痛いなどを感じる程度ですが、段々と口も開きづらくなっていきアクビすら出来ない状態やご飯も食べづらい状態にまで悪化します。
口腔外科で診断された結果が顎関節症である場合、診断されてから完治するまでにどれほどの期間がかかるのか、費用はどれだけかかるのかが気になるところですが、個人差もある為、一概には診断されてすぐ治療に入ったからといって1週間という短期間で完治しますとは言い切れないのが現状です。
費用は初めの診断時の初診料とレントゲン等で3千円程度から、次回から治療としてレーザーをあてたりしても2千円程度からと1万円かかる事はほとんどありません。

しかし、自然治療であるケースが多く、レーザーをあてて、顎を動かす練習をして、日々の生活の中では、頬杖や歯ぎしり、噛み締め、堅い物を食べるといった原因となる事は全て避けての生活となります。
気づけば知らないうちに治っているというのも不思議な点ではありますが、それが顎関節症という症状です。
なかなか口腔外科を診療科目として取り入れている歯科医院は少なく、突然襲ってくる病でもある為、日々の生活で1つでも原因となる事に該当しているなら、それを改善してならないようにするのが1番ですが、もしなってしまった場合は、まず歯科医院に訪れて相談というのも1つの方法でもあります。

Recommend
No articles